PR

【最新】なすなかにし那須の学歴経歴まとめ!結婚してる?出身校は?プロフィールなど網羅

雑学
本ページはプロモーションが含まれています

日本のエンターテイメント業界において、個性的な才能と魅力で注目を集める「なすなかにし」の那須さん。彼の多岐にわたるキャリアは、多くの人々に影響を与え続けています。

しかし、なすなかにし那須さん中西さんの私生活や背景については、意外と知られていない部分が多いのも事実です。そこで、この記事では、那須さんの学歴や経歴、さらには私生活に関する話題まで、幅広く掘り下げていきます。

那須さんの出身校や学生時代のエピソード、キャリアのスタート地点から現在に至るまでの経歴について詳しく見ていきます。また、多くのファンが気になる結婚に関する情報も、可能な限りお届けします。那須さんの人となりを深く理解することで、彼に対する新たな視点が開かれることでしょう。

この記事を通して、那須さんのファンはもちろん、これから彼のことを知る人々にとっても、彼の魅力や成し遂げてきたことの大きさを再確認できる内容となっています。

なすなかにしとは?

イベント
2001年コンビ結成、松竹芸能所属
2008年東京進出
2010年コンビ名を「なすなかにし」から「いまぶーむ」に改名
2011年コンビ名を「いまぶーむ」から「なすなかにし」に再改名
2016年M-1グランプリで準々決勝進出
2021年約170本のロケをこなし
2022年「ラヴィット」(TBSテレビ)でロケ技術が高評価
  • 2001結成、松竹芸能に所属しています。正統派のしゃべくり漫才は評判が良く、ますだおかだ・アメリカザリガニに続く有力株であるとして期待されていました。2008年東京に進出してきました。
  • 2010年4月6日、同日付けでコンビ名を「なすなかにし」から「いまぶーむ」に改名することが発表されました。
  • 2011年5月30日、松竹芸能新宿角座で開催された単独ライブ「なすなかにしのライブ〜元いまぶーむ〜」で、コンビ名を「いまぶーむ」から旧コンビ名の「なすなかにし」へ再改名しました。
  • 2016年、ラストイヤーだったM-1グランプリで準々決勝進出に終わる。
  • 2021年には約170本のロケをこなし、2022年からは『ラヴィット』(TBSテレビ)などでそのロケ技術が高く評価されるようになります。

なすなかにしのコンビ名の由来

「なすなかにし」は元々仮のコンビ名で、正式なコンビ名を決めて名乗ることが恥ずかしかったことから、9年間そのままで活動を続けていたそうです。

しかし、事務所の先輩のますだおかだから「なすなかにし」だと那須と中西のどちらなのかが分かりづらく、コンビ名も地味だと改名を勧められ、ビビる大木や番組スタッフたちと会食中、いくつか挙がった候補の中からくじ引きで「いまぶーむ」を引き当てました。

他に挙がった候補は「岡田屋すべるかぶる」「神輿かつぐおろす」「一級河川寝屋川」「扇子あおぐそよぐ」など笑。

この他にも、「ペロペロキャンディー」「くずはモールチョップ」の候補が出され、くじに加えられています。

しかしその後コンビ名「いまぶーむ」がなかなか定着せず、さらに『爆笑レッドカーペット』などのネタ番組の終了に伴い、レギュラー番組がなくなってしまいます。

中西さんによると、収入は改名前の10分の1になったとのこと。そして単独ライブを機に、コンビ名を元通り「なすなかにし」に再改名しました。

なすなかにしの突出するべき技術

なすなかにしは、2020年代に入ってから「ウチのガヤがすみません!」などのバラエティ番組で活躍する機会が徐々に増え始めていましたが、一番注目を浴びたのがロケ技術でした。

「笑神様は突然に…」の特番「笑神様は真夜中に…」のロケバトルで、なすなかにしのアドリブや巧みな話術、笑いを絶賛し、一気に注目が集まりました。放送回はちなみに見てました笑

中西さんがボケを間髪入れずに連発し、那須さんがコンビネーションでノリツッコミを入れる相槌は抜群の安定感がありました。場所を移動する際のワープ芸では、着地時のハプニングも様々なパターンで笑いを毎回起こしてくれます。

そこから「ラヴィット!」を始め様々な番組でオファーされるようになり、2021年はおよそ170本ものロケをこなす引っ張りだこに。ロケ職人やロケの達人と呼ばれる等、なすなかにしのロケ技術は業界に称賛されています。

2人は昔から仲良しであり、2人ともやさしい人柄で温かい雰囲気ロケを作り出し、何よりアドリブトークもできて面白いです。年齢が年齢でしっかり周りに気配りもできるので、安心して任せられる抜群の信頼が各テレビ局にあるのでしょうね。

那須晃行

項目情報
本名那須 晃行 (なす あきゆき)
生年月日1980年12月14日
年齢43歳
出身地大阪府枚方市、京都府八幡市生まれ
身長170cm
体重68kg
血液型不明
趣味ボウリング、ミニチュアの硝子細工集め
持病ヘルニア、鞭打ち症
結婚状況2022年5月22日にタレント濱田准と結婚を報告
その他「なすなかにし」のツッコミ担当、以前ひらかたパークでアルバイト経験あり、カラオケが得意

那須晃行さんは1980年12月14日生まれの43歳で、大阪府枚方市出身、京都府八幡市生まれです。彼はお笑いコンビ「なすなかにし」のツッコミ担当として活躍しており、身長は170cm、体重は68kgです。趣味はボウリングとミニチュアの硝子細工集めで、ヘルニアと鞭打ち症を持病としています。那須さんは2022年5月22日にタレント濱田准さんとの結婚を報告しました。以前はひらかたパークでアルバイトをしており、カラオケが得意です。

中西茂樹

項目情報
本名中西 茂樹 (なかにし しげき)
生年月日1977年9月24日
年齢46歳
出身地大阪府枚方市、寝屋川市生まれ
身長172cm
体重86kg
血液型B型
趣味ゲーム、アニメソング
結婚状況2017年1月31日に高田紗千子と結婚
子供第1子男児(2019年8月7日誕生)、第2子男児(2023年6月9日誕生)
その他「なすなかにし」のボケ・ネタ作り担当、おもちゃが好き

中西茂樹さんは1977年9月24日生まれで、大阪府枚方市出身、寝屋川市生まれの46歳です。彼は身長172cm、体重86kgで、血液型はB型です。中西さんはお笑いコンビ「なすなかにし」のボケ・ネタ作り担当として活躍しています。趣味はゲームやアニメソングで、アニメや古い漫画にも詳しいです。2017年1月31日に高田紗千子さんと結婚し、2019年8月7日に第1子男児が誕生、2023年6月9日に第2子男児が誕生しました。

なすなかにし那須の学歴

出身小学校大阪府枚方市内の小学校
出身中学校大阪府枚方市内の中学校
出身高校大阪府枚方市内の高校
出身大学進学せず

那須さんは学校の方は全く情報が出てきませんでした。ただ、面白いエピソードはいくつか出てきました。

  • 子供の頃はヤンキーに憧れ、小学校4年生で剃り込みを入れていました。中学・高校時代もやんちゃだったそうです。当時身に着けていた金のネックレスと和柄のスカジャンは大切に机の引き出しにしまってあります。
  • 大阪の遊園地ひらかたパークでアルバイトしていました。当時のあだ名は「ナッシュ」。中西さんも一緒にバイトしていました。
  • 中西さんがアルバイトをしてる時に新聞広告で松竹芸能の事務所の生徒募集を見つけて「受けよう」となり、二人で上京をしました。
  • 上京後は、内職(ビーズを紐に通したものを大量に作り、ダンボールに詰めて送ると不合格のものが送り返されてくる)に励んでいたそうです笑。

なすなかにし那須は結婚してる?

奥さんは濱田准さん

2022年1月、那須晃行さんはタレントの濱田准さんと結婚し、同年5月に公表しました。

濱田准さんは、2005年の「サンミュージック新人タレントオーディション俳優部門」で入賞を果たし、以降は『山田太郎ものがかり』、『働きマン』など数々の番組に出演していました。

二人の出会い

二人の出会いは今から約13年前の2010年、当時の那須さんは辛い恋愛経験が続き、異性と距離を置いていた時期でした。そんな時、ある番組の打ち上げの2次会で行ったカラオケで隣の席に座ったのが、後の奥さんとなる濱田准さんでした。

最初は清楚な見た目で寡黙な印象に見えた彼女。だが突如、共演者の歌に過激な合いの手を入れ出すと、場の空気を劇的に盛り上げました。そのギャップに「楽しい子だな!」と心を惹かれたという那須さん。しかし、そこで目を光らせていたのは、離れた席に座っていた相方の中西さんでした。那須さんの隣で野暮な合いの手を叫ぶ濱田さんの事を、「下品やな!」と要注意人物として捉えていたらしいです。

しかし、当の2人はその後もカラオケデートを重ね意気投合し。ほどなくして交際がスタートしました。当時のなすなかにしは東京進出を果たすも仕事は全くなし。売れない苦しさから沈みがちになり、気持ちも落ちていた那須さんに、いつも気さくに明るく接していたのが濱田さんでした。

10年の交際を経て結婚へ

その後10年の交際期間を経て、ついにブレイクを果たし、これまで「結婚は売れてから」と踏み切れなかった那須さんも、ようやく結婚を決意。結婚指輪とは別の約300万円のプレゼントとともに「お待たせしました」とプロポーズしたという。本当に感動ですね。

しかし、この状況を心から喜べないのが、相方の中西さん笑。「子どもの頃から可愛がっていた晃行が取られた!」と嫉妬、濱田さんとの交際中もずっと反対していたという中西さん。結婚前にも濱田さんに直接「別れてくれ!」と直談判しましたが、ポジティブで能天気な濱田さんにはまったく効き目なしだったそうです。

那須さん夫妻はラヴィットで、「お付き合い期間が長い為、新婚感はありませんが、これからも皆様に支えて頂きながら、猛獣(犬と私)と、猛獣の使い(晃行さん)日々の幸せを感じながら笑顔溢れる家庭を築いていきます。そして、少しでも多くの方を笑顔にできるよう活動して参ります」とコメントされていました。

互いの呼び方は、那須さんは「お准」濱田さんは「晃行さん」と呼ばれています。

なすなかにし那須の年収

那須さんの今現在の年収の方は公表されていませんが、来た当時のエピソードを話されていました。

東京に来た当時、那須さんは「大阪で仕事がいっぱいあって、その勢いのまま東京に来たけど、まず『関西弁がキツい』と言われて…。今まで自分たちが残してきたものがここでは通用しないと感じた」と話していました。

そこで、チュートリアル徳井義実さんからアドバイスを受け、“東京で受け入れられる関西弁”を徹底分析。コテコテの関西弁をなんとか修正したものの、仕事は一向に増えず地獄がずっと続いていました。

那須さんは「当時の年収は9万円。このままじゃいけないとなって、心を入れ替えた」

中西さんも「大阪ではいろんな賞をもらって、レギュラーも結構いただいていて…。急にそんな状況になったから、買い物に行きながら泣いてしまった」と振り返っていました。

なすなかにし那須の自宅

なすなかにし那須さんの自宅は公表されていません。都内のどこかだと思われますが、有吉ゼミの方で自宅をヒロミさん達の手によって大改造されて、高級旅館風にリフォームされていましたね。

なすなかにし那須の実家

1980年12月14日、那須晃行さんは京都府八幡市内で誕生しました。

その後、大阪府枚方市内に引っ越しており、実家は現在も枚方市内にあるようです。

しかし詳しい場所は公開されていませんでした。

なすなかにし那須の兄弟姉妹

那須晃行さんは、ひとりっ子です。中西茂樹さんが3歳年上で、子供の頃はお兄ちゃんの様に遊んでくれていました。当時から二人はとても仲のいい兄弟みたいな感じだったのですね。

那須家・中西家は今も親族一同で仲が良く、毎年正月に親族が一堂に会してのビンゴ大会が開催され、なすなかにしがMCを担当しています笑。

まとめ

さすが芸人だけあって調べれば調べる程面白いエピソードが沢山でてくるなすなかにしの那須さんと中西さん。今回は那須さんの方を書きましたが中西さんの方も調べたらとても面白いエピソードばかりだと思います。

お二人の今後を期待して、お茶の間に爆笑を届けてもらえたら嬉しいですね。何よりあのロケ技術を学びたい位です笑

タイトルとURLをコピーしました