PR

豆柴の大群カエデ:性格が悪いと言われるメディアが伝えない真実

雑学
本ページはプロモーションが含まれています

豆柴の大群は、日本の音楽プロデューサー、渡辺淳之介が企画したアイドルグループです。彼は以前にもBiS、BiSH、GANG PARADEなどの成功したアイドルグループを手掛けてきました。

豆柴の大群は、渡辺淳之介が2019年に開始したオーディション番組「MONSTER IDOL」を通じて結成されました。

その豆柴の大群のメンバーのカエデフェニックスさん。もう今は脱退されていますが当時は性格が悪いという噂がありました。それは何故か?本当はどうなのか?

その内容の事実や出処の噂等をこの記事でまとめました。

この記事を読んだらこれは事実なのかわかります。最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

豆柴の大群カエデ:性格が悪いと言われる理由

項目詳細
本名カエデフェニックス
生年月日1998年10月4日
出身地北海道
担当色
加入日2019年12月25日
脱退日2022年12月17日

カエデさんが性格が悪いと言われていた理由はグループ結成時に遡ります。「水曜日のダウンタウン」のモンスターアイドルの企画で豆柴の大群は結成しました。メンバーを選ぶのはクロちゃん。

最終日にカエデが不合格になりました。クロちゃんは「ダンスと歌が遅れていたから落とした」と言ってましたが本当は「アイドルにならず彼女にしたいから落とした。アイドルは恋愛禁止だから」が事実でした。

これでプロデューサーのWACK代表の渡辺氏は納得できず、カエデさんを豆柴のメンバーに迎え入れました。カエデを叩く人はこれを納得してないからが当時の理由です。

豆柴の大群カエデの真実:性格が悪いとのレッテルを超えて

メンバー加入時に性格が悪いと叩かれていたカエデさん、しかし、加入してから彼女は持ち前の天真爛漫さと可愛さでチームの中心的人物になりました。また、当時叩いてたと言う人達の情報は探しましたが見つからず、代わりに合格した事を祝うメッセージが沢山出てきました。

カエデの人間性:同僚たちから見た真実

公開されている情報から、彼女は豆柴の大群の中で独特な存在感を放っていたことが分かります。加入時から脱退までの期間、彼女はグループの活動において重要な役割を果たしました。

彼女のステージ上でのパフォーマンスや、メディア出演時の発言からは、プロ意識が高く、芸能活動に対して真摯な姿勢を持っていたことが伺えます。また、ファンとの交流を大切にしていたことも多くのファンからの支持を集めていました。

カエデとファン:性格の誤解を超えたファンからの支持

今現在は脱退されたカエデさんですが、当時は多くのファンが彼女の事を支持していました。
下記はその一部です。

最年長メンバーでリーダー的役割の彼女。紫の衣装を纏い、年齢よりもかなり大人びて見える。豆柴のYouTubeチャンネルで水着になる姿も度胸があってすごいと思う。セクシーであり、画面越しで応援したくなる。リーダー的存在として引っ張っていってほしい。

一度はオーディオ不合格となりながら、クロちゃんとの絡みなど活動を続けて見事にグループ加入となったメンタルは、応援したくなります。
雰囲気が優しそうなのに、意外と本音を出してくるところは、キャラとして面白いです。

その他にも沢山の支持するファンがいます。

豆柴の大群内で性格が悪いと言われてるカエデの役割と影響力

カエデさんのチームの中でいつも落ち着いていて、みんなのまとめ役みたいな印象がありました。誰かが落ち込んだりしてる時は真っ先に近くに寄り添い、しっかりしたお姉さんみたいな印象でしたね。クロちゃんが惚れるのもわかる気がします笑

頼りになるリーダーみたいな雰囲気に周りのみんなも安心してたのではないでしょうか。本当に脱退が悔やまれますね。

実は一番性格がいい?メンバーから見るカエデの真実

豆柴の大群のYouTubeチャンネル「豆柴の大群-MAMESHiBA NO TAiGUN-♪」では、「豆柴大反省会SP」として、その中で「誰が一番性格がいいか?」という投票が行われて、見事カエデさんが1位に輝いています。

メンバーの中での投票なので、本当に性格がいいんでしょう。これでカエデさんの性格悪いというご情報が払拭される事になりましたね。

ちなみに順位は

性格がいいランキング

1位 カエデさん

2位 ミユキさん

3位 ナオさん

4位 ハナエさん

5位 アイカさん

と発表されていました。

カエデフェニックスの加入~脱退までの軌跡

年代内容
201911月TBSテレビ「水曜日のダウンタウン」の「MONSTER IDOL」で豆柴の大群が始動
201912月グループ名「豆柴の大群」を決定し、1stシングル「りスタート」を発売
201912月カエデフェニックスが豆柴の大群に加入
20201月メンバー全員が改名、カエデは「カエデフェニックス」に改名
20203月YouTubeでの動画投稿開始
202010月メジャー1stシングル「AAA」を発売
202012月1st写真集「発芽」を発売
20211月Major 1st Album「まめジャー!」を発売
202211月カエデフェニックスの豆柴の大群からの脱退が発表
202212月「WE MUST CHANGE TOUR FiNAL」での公演をもって脱退

カエデさんは、2019年に豆柴の大群のメンバーとして芸能活動を開始しました。このグループは、TBSテレビ「水曜日のダウンタウン」の「MONSTER IDOL」企画から生まれ、同年12月にはグループ名が「豆柴の大群」と決定しました。

カエデさんは12月にグループに加入し、翌2020年にメンバー全員が改名し、カエデさんは「カエデフェニックス」と名乗るようになりました。グループはYouTubeでの動画投稿や写真集の発売など、様々な活動を展開しました。

2021年にはメジャー1stアルバム「まめジャー!」を発売。しかし、2022年にはカエデさんの脱退が発表され、12月の「WE MUST CHANGE TOUR FiNAL」での公演をもって、グループからの脱退が実現しました。

この期間中、カエデさんはグループの成長と成功に貢献し、その活動は多くのファンに支持されました。

まとめ:豆柴の大群カエデ:性格が悪いのは真実?

今回は豆柴の大群カエデさんの性格は本当に悪いのかを検証してきました。内容から、全くの噂でしかなく、実際はリーダー的存在な素晴らしい女性だったことがわかりました。

今は脱退されていますが、もしかしたら復活の日が来るかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました