PR

【最新】シソンヌ長谷川さんの嫁はどんな人?経歴等を解説

雑学
本ページはプロモーションが含まれています

現在、お笑い芸人として活躍するシソンヌ長谷川さんですが、嫁(妻)のが話題になっています。この記事では、長谷川さんの結婚相手は?シソンヌの経歴等をまとめています。

お笑い番組に度々出演されているシソンヌのお二人。いつも色んなネタで私達を笑わせてくれてますね。ファンの方ではなくてもぜひ最後までお読みいただき、シソンヌじろうさん長谷川さん達についての数々のエピソードを見て笑ってください。

シソンヌとは?

項目詳細
コンビ名シソンヌ
結成年2006年
所属事務所吉本興業
活動時期2006年 – 現在
出身NSC東京校11期
代表番組有吉の壁、キミは=LOVEを愛せるか!!!
芸種コント
ネタ作成者じろう

長谷川さんとじろうさんは、共にNSC東京校の11期生として2005年に入学されました。長谷川さんは以前にも吉本に所属しておりましたが、当時アルバイトをされていたショーパブでの出来事がきっかけで、新しい相方を見つけるためにNSCに改めて入学されました。

一方、じろうさんは約4年間コント劇団で活動された後、新たなステップを踏み出すためにNSCへと入られました。

お二人ともその時26歳で、バイクを通じての出会いがきっかけで親しくなりました。養成所内で年長者であったこともあり、すぐに意気投合されたそうです。

シソンヌのコンビ名は、バレエの技名「シソンヌ」から名付けられました。フランス語のコンビ名が珍しかったため、バレエ用語辞典から選ばれたのです。

長谷川さんが提案した「アラベスク」という名前もありましたが、じろうさんが「シソンヌ」という言葉に強く惹かれたため、この名前が選ばれました。

2012年末には、ヨシモト∞ホールでの「彩〜いろどり〜East」にてトップ3に選出される栄誉を得ました。

シソンヌさんは2014年にキングオブコントで見事初優勝を果たしました。初戦では巨匠チームを破り、ファイナルでは同期のチョコレートプラネットに勝利しています。

この勝利により、単独ライブの規模が拡大し、多くのバラエティ番組やテレビドラマへの出演機会が増えました。じろうさんは『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』のレギュラーメンバーにもなりました。

シソンヌは吉本において特異な存在のコント職人として知られています。彼らはおぎやはぎの影響を受けつつも、シティボーイズのような知的なネタを目指しつつ、日常のありふれたシーンや些細な出来事をユーモラスに膨らませるスタイルで親しまれています。

じろうさんは以前定食屋での勤務経験から、おじさん役を独特の動きで演じることが特徴で、一方で長谷川さんはより普通の人物を演じることが多いです。

じろうさんがネタ作りを主導し、長谷川さんはしばしば演技指導を受けることがあります。キングオブコントの勝利により、彼らはコンテスト向けの制約から解放され、より自由な創作活動を展開しています。

特に、コントを日常の一部として定着させることを目指しています。じろうさんは女装ネタも得意とし、幅広い年齢層のファンを持っています。また、チョコレートプラネットとの合同イベントなども行っています。

シソンヌはブレイクへの執着を持たず、自分たちのスタイルで成功を収めたいと考えています。お笑い第七世代の台頭にも危機感はなく、自身のペースで活動を続けています。

特に『有吉の壁』ではレギュラー出演を果たし、新たなキャラクターを生み出すなど、多彩な才能を発揮しています。NSC時代は同期に比べ年長だったものの、独自の道を切り開いてきました。

賞レースの戦績
イベント名結果
キングオブコント20082回戦進出
2009準決勝進出
20103回戦進出
2013準決勝進出
2014優勝
ブスユニバース20122012優勝(長谷川)
ABCお笑いグランプリ2013決勝4位
2014決勝8位

じろうさんとは?

項目情報
本名大河原 次郎
生年月日1978年7月14日
出身地青森県弘前市
血液型B型
身長179 cm
最終学歴関西外国語大学短期大学部
コンビ名シソンヌ
相方長谷川忍
芸風コント(ボケ担当)
活動時期2006年 – 現在
事務所吉本興業
趣味・嗜好パチンコ、麻雀、ゲーム
その他の活動俳優、脚本家、作詞家

じろうさんはパチンコ、麻雀、そして特にXbox 360でFPSゲームを楽しむことが趣味です。また、幼少期から熱烈な広島東洋カープのファンであり、同郷のロックバンド「人間椅子」に深い敬愛を持っています。

実はじろうさんと人間椅子のメンバー和嶋慎治さんは幼稚園から高校まで同じ学校に通っていた間柄で、和嶋さんの自伝「屈折くん」にはじろうさんとの特別対談も収録されています。

じろうさんは「川嶋佳子」という熟女キャラクターを演じることで知られており、このキャラクターを通じてコラムを連載し、後に日記小説として出版しました。

この作品は松雪泰子さん主演で映画化され、沖縄国際映画祭での先行上映も行われました。

じろうさんは、『有吉の壁』でしかほとんどされない志村けんさんのものまねがあります。志村さんが亡くなった際には、じろうさんも多くのファンと同様に、ソーシャルメディアを通じて哀悼の意を表明しました。

長谷川さんとは?

項目情報
本名長谷川 忍
生年月日1978年8月6日
出身地静岡県浜松市
身長185cm
血液型A型
最終学歴関西外国語大学短期大学部
コンビ名シソンヌ
相方じろう
芸風コント(主にツッコミ)
活動時期2006年 – 現在
事務所吉本興業

長谷川さんの趣味は多岐にわたり、レコード収集やファッション、スニーカーの収集、ゲーム、海外セレブのゴシップ情報収集、そば巡り、アメコミ関連のグッズやフィギュアに至るまで多彩です。

また、佐藤ピリオドさんとは特に親交が深く、佐藤さんからは友達として語られるほどです。

長谷川さんの実家は寿司屋を経営しており、10歳年下の弟がいます。

2016年にスコティッシュフォールドのオス猫「コピー」、2017年にはその妹分「ぽこみ」を家族に迎えました。

長谷川さんの嫁とは?

シソンヌの長谷川さんが、ご自身の熱心なアプローチにより、お付き合いをスタートされたというお話ですね。最初は思うような結果にならなかったものの、長谷川さんの誠実な気持ちが通じて、二人での食事を経て、再度の告白でお付き合いが始まったそうです。

お二人の同棲生活は、交際を始めたその日から始まり、その後6年間にわたる深い絆を築かれたようです。特に、長谷川さんがまだ広く認知されていない時期から、彼のパートナーは支え続けてくれたとのことで、非常に心温まるエピソードです。

プロポーズに際しては、千鳥の大悟さんからのアドバイスもあったにも関わらず、予期せぬ状況で国道沿いの道端で突如指輪を渡すことになったようですが、幸いにも快諾を得ることができたそうです。

そして、結婚を機に新しい生活をスタートされ、長谷川さんが家賃を負担されるなど、新たな生活基盤を築かれたとのこと。

長谷川さんの奥様について、本名は公表されていませんが、愛称は「ぐんまちゃん」として親しまれています。生まれは1988年から1989年の間で、結婚された時は28歳だったとのこと。出身地については、群馬県か岡山県という説があるようです。職業に関しては、ライターやモデルといった仕事に従事しているという話があるようです。

「ぐんまちゃん」という愛称は、指原莉乃さんが名付け親です。長谷川さんとの結婚の際には、指原さんがツイッターで祝福のメッセージを送っていたことも記憶に新しいですね。

現在、2024年では、長谷川さんの奥様は35歳から36歳になられると考えられます。歳月を重ねても変わらぬお二人の絆が伺える情報ですね。

2017年3月には結婚をTwitterで発表し、2022年4月には第1子が誕生したことを公表しました。

まとめ

シソンヌさんの色々な情報、結婚相手のぐんまちゃん?についての文章をまとめてみました。調べる限り今もお幸せに暮らしているということです。長谷川さんが旦那様ならいつも笑わせてくれてとても優しいお父様をされてると思います。これからも幸せに過ごしてくれたら嬉しいですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。ChatGPTを使ったライティングサービス「AI Writer」

タイトルとURLをコピーしました