PR

【最新】Novelbright・竹中雄大さんの病気悪化が歌手生命に危機をもたらす?経歴や病状を解説

雑学
本ページはプロモーションが含まれています

ロックバンドNovelbrightのボーカル・竹中雄大さんが、持病が悪化し歌手生命に危機が迫っていると話題になっています。

ファンからは心配の声が上がっており、さらにライブツアーへの影響も懸念されています。

この記事では、竹中さんの状況や今後の活動予定について詳しく解説します。

また、Novelbrightの音楽の魅力等も紹介しますので、ぜひ最後までお読みいただくことで、彼らへの色々な応援につながる情報が得られることでしょう。

Novelbrightとは?

項目詳細
出身地日本、大阪府
ジャンルロック
活動期間2013年 – 現在
レーベルエンペラーモード(2017年 – 2019年)、エンペラードライバー(2020年)、ユニバーサルシグマ(2020年 – )
事務所ゼスト (2020 – )
公式サイトNovelbright オフィシャルサイト
メンバー竹中雄大 (ボーカル), 山田海斗 (ギター), 沖聡次郎 (ギター), ねぎ (ドラムス), 圭吾 (ベース)
旧メンバーキム兄 (ギター), Takuya (ドラムス), 勇太朗 (ベース)
ユーチューブチノベルブライト
登録者数49.8万人
総再生回数2億6694万3300回
メンバー紹介
名前担当備考
竹中 雄大ボーカル兵庫県姫路市出身、結成当初からのメンバー、作詞作曲担当、口笛の世界大会で2度優勝
山田 海斗ギター大阪府出身、バンドリーダー、2017年加入、作詞作曲担当
沖 聡次郎ギター、キーボード大阪府出身、2017年加入、メインコンポーザー
ねぎドラムス兵庫県三田市出身、2017年加入、NegiDrumsとエンドースメント契約
圭吾ベース岐阜県出身、2019年加入、アパレルブランドCHRONOIZMの代表
キム兄ギター2016年7月脱退
拓也 / Takuya / タドラムス兵庫県出身、2016年7月脱退
勇太朗ベース結成当初のメンバー、2018年12月脱退、脱退前はリーダー
CD作品
発売日タイトル規格品番収録作品順位
2021年11月24日シーカー/ワンUMCK-5708(通常盤)/UMCK-7148(初回限定盤アソート21位
2022年2月23日戦士UMCK-5711(通常盤)/UMCK-7164(初回限定盤)18位
2023年9月24日オデッセイPROS-5028(会場限定)
配信シングル
配信日タイトル規格規格品番収録曲
2017年8月16日私を頼りにしてくださいデジタル・ダウンロードNOBR-000 (英語)『スカイウォーク』
2020年1月5日ランナーズハイデジタル・ダウンロード『ワンダーランド』
2020年8月17日サニードロップデジタル・ダウンロード『開幕宣言』
2020年10月23日悪いやつデジタル・ダウンロード未収録
2020年11月18日あなたを求めただけなのにデジタル・ダウンロード『開幕宣言』
2020年12月11日ツキミソウデジタル・ダウンロード
2021年2月19日フェアリーテールデジタル・ダウンロード
2021年7月23日ライフスコールデジタル・ダウンロード『アソート』
2021年9月3日優しさの剣デジタル・ダウンロード
2022年8月10日どうしてデジタル・ダウンロード未収録
2022年11月9日誇りデジタル・ダウンロード
2023年2月15日ラストシーンデジタル・ダウンロード
2023年3月15日嫌嫌デジタル・ダウンロード
2023年4月12日カンタービレデジタル・ダウンロード
2023年9月13日面影デジタル・ダウンロード
2023年10月15日オデッセイ (会デジタル・ダウンロード
2023年12月13日雪の音デジタル・ダウンロード
2021年7月2日ツキミソウ – From THE FIRST TAKEデジタル・ダウンロード未収録
2021年7月12日サニードロップ – ファーストテイクよりデジタル・ダウンロード

Novelbright・竹中雄大とは?

項目詳細
出生名竹中雄大
生誕1995年11月10日
出身地日本・兵庫県姫路市
学歴兵庫県立網干高等学校卒業
ジャンルハードロック、ロック
職業歌手、ミュージシャン、口笛奏者、YouTuber
担当楽器ボーカル、口笛
活動期間2013年 – 現在
レーベルエンペラーモード、エンペラードライバー、ユニ
事務所ゼスト
共同作業者ノベルブライト
ユーチューブ竹中雄大 / Novelbright、竹中最強伝説

竹中雄大さんの音楽の旅は、高校生の時にONE OK ROCKの曲をカバーするバンドを組んだことから始まりました。この経験が彼の創作の扉を開き、やがて自らの曲を作るように。2013年には、彼の情熱と夢を共有する仲間たちと共にNovelbrightを立ち上げました。

彼らは2018年に『SKYWALK』で華々しくインディーズデビューを飾り、2020年には『Sunny drop』でメジャーシーンに躍り出ました。ラジオパーソナリティーとしても活躍し、YouTubeでの個人活動開始、さらには故郷姫路のふるさと大使に任命されるなど、多方面での才能を発揮しています。

変わった経歴
年度対象結果
2009年第36回国際口笛大会 ティーンの部優勝
2013年第40回国際口笛大会 ティーンの部優勝

竹中雄大の病気

竹中雄大さんは長い間、喘息の症状に悩まされてきました。彼は医師の助言を受けつつ、最善のケアとメンテナンスを行ってきました。これまで喘息が仕事に影響を与えることは滅多にありませんでした。

しかし、なぜ今回詳細な説明が必要となったのでしょうか?それは病状が悪化したためで、竹中雄大さんはファンに正直にその状況を伝えることを決意しました。

彼の動画はこちら

竹中雄大さんが持病の悪化により歌手生命に危機感を抱えていることが明らかになりました。これに伴い、音楽活動の継続が困難になることが懸念されています。竹中さんはこれまで、多くのファンに支えられながら、日本の音楽シーンで活躍してきましたが、慢性的な病気が原因で声が出にくくなっています。

竹中さんの事務所では、病気の状況について慎重に公表しており、詳細については公開されていませんが、竹中さん自身も上記の用にYouTubeやSNSで病気について触れることがあり、ファンに対して心配をかけていることを謝罪しています。また、竹中さんは不安な状況にも関わらず、今後も自らの音楽活動に尽力する姿勢を見せています。

一方、バンドのメンバーや関係者も竹中さんの健康状態を気遣い、必要なサポートを行っており、ファンも心配する声が多く上がっています。竹中さんの勇敢な姿は、多くの人々に感動を与えており、根強い支持を受けています。

ライブツアーにも影響?今後の活動予定について

竹中雄大さんの持病が悪化し、歌手生命が危ぶまれる状況にあることから、ライブツアーについても懸念が生じています。しかし、現時点ではライブツアーは予定通り進行される予定です。

事務所や竹中さん自身が病状による影響を最小限に抑える方法を検討し、活動を続ける方針を固めています。また、バンドメンバーも竹中さんの健康状態に配慮しながら、音楽活動に取り組んでいます。

ファンからは、竹中さんの健康を第一に考えるべきだとの意見もあり、今後の活動計画への期待や不安が交錯しています。竹中さんのブログやSNSでは、彼がこうした状況下で無理をせずに、適切な治療とリハビリを行っていることが確認できます。

まとめ:竹中雄大とNovelbrightの今後の活躍を応援しよう

竹中雄大さんが持病悪化により歌手生命に危機感を抱えつつも、勇敢に音楽活動を続ける姿に心を打たれるファンも多いことでしょう。今後も竹中さんとNovelbrightの活躍を応援し、最新情報をチェックしましょう。

竹中さんの健康状態を気遣いつつ、彼らの音楽を楽しみに待ちましょう。SNSや公式サイトで竹中さんやバンドのニュースをフォローし、彼らの活動をサポートしていきましょう。ChatGPTを使ったライティングサービス「AI Writer」

タイトルとURLをコピーしました