PR

【最新】ナイツ塙宣之さんの経歴や学歴・現在等まとめ解説

雑学
本ページはプロモーションが含まれています

ナイツ塙宣之さんについて、その経歴や学歴、才能を紹介するこの記事では、まずナイツとは何か、そして塙さんの出生地や家族について紹介します。

また、創価大学出身である塙さんの学生時代や進学の経緯に迫り、その後のお笑い界への進出経験や芸能界デビューのきっかけをお伝えします。

さらに、相方の土屋伸之さんとの出会いからナイツ結成の経緯にも触れ、二人の絶妙なコンビワークが魅力のお笑いコンビ「ナイツ」としての活動や漫才・コントなど笑いのスタイルを解説します。

ナイツとは?

塙宣之

項目詳細
生年月日1978年3月27日
出身地千葉県我孫子市、佐賀県佐賀市育ち
血液型A型
身長/体重173cm/69kg
教育龍谷高等学校、創価大学経済学部卒業
役割ボケ(歌ネタではツッコミ)、ネタ作成担当
立ち位置客から見て左

高校2年生の時に、第二の博多華丸・大吉を作る吉本興業主宰のオーディション番組『第3回激辛!? お笑いめんたい子』に友人と出場して優勝。スカウトされ、福岡吉本に入ることが決まっていました。

だが、兄の尚輝がお笑い芸人になり、2人連続で息子が芸人になるのが「つらい」「お前だけは大学にちゃんと行ってくれ」と思った母親が、福岡吉本に電話をして断りました。千葉出身のため標準語に戻したかったこと、「ツッコミで売れたくない」ということもあり、優勝直後自分からコンビの解散を宣言し大学入学と同時に上京しています。

当時の相方が後を追う様に上京し何度もコンビ継続を説得したが、その信念を変えることはなくコンビは解散となりました。

大学では落語研究会に所属。卒業後、同じ落語研究会の後輩の土屋とナイツを結成し、マセキ芸能社に所属しています。

土屋伸之

項目詳細
生年月日1978年10月12日
出身地千葉県船橋市
血液型AB型
身長/体重179cm/78kg
教育船橋市立古和釜中学校、創価高等学校、創価大学経済学部卒業
役割ツッコミ(歌ネタではボケ)担当
立ち位置客から見て右

『欽ちゃんのどこまでやるの!』(テレビ朝日系)の『見栄晴の弟』のようなオーディション(本人談)に子役として参加し、最終選考まで進んだことがあったといいます。本人曰く「(最終選考まで進んだあたりで番組が終わったということで)もし続いていたら、見栄晴さんの弟だったかも」ということで、欽ちゃんファミリーだったかもしれないと語っていました。

大学生時代は公認会計士を志していたが、勉強についていけなくなり断念。その当時に大学の落語研究会のライブをよく観に行って「癒された」ということで、自らも落語研究会に入る。落研では「山銭」というコンビでシュールなコントをやっていました。

山銭という名前は当時一年上で部長だった塙が命名。就職活動中に塙から誘われて、芸人を志すようになりました。

ナイツの経歴

ナイツの主な受賞歴
受賞歴
2003漫才新人大賞 大賞
2008お笑いホープ大賞 大賞、NHK新人演芸大賞 大賞、M-1グランプリ 第3位
2009ビートたけしのエンターテインメント賞 日本芸能大賞、浅草芸能大賞 新人賞、M-1グランプリ 第4位
2010M-1グランプリ 第6位
2011THE MANZAI 準優勝
2016浅草芸能大賞 奨励賞
2022浅草芸能大賞 大賞
2023ゆうもあ大賞
ナイツの主な出演番組
  • ナイツのHIT商品会議室
  • お笑い演芸館
  • ナイツのちゃきちゃき大放送
  • ザ・ラジオショー
  • Eテレ0655&2355
  • キャンパスナイトフジ
  • ミレニアムズ
  • DON!

ナイツは、お笑いコンビであり、サンミュージックプロダクション所属の土屋伸之さんと塙宣之さんからなる。結成は1997年で、当時の高校時代に出会い、その後大学を経て芸能界デビューを果たした。二人とも出身地は千葉県船橋市である。

漫才やコントを中心に活動しており、特に月夜にちやポリシーというネタが人気。また、それぞれの個人活動も充実していて、テレビや映画、舞台等で幅広く活躍している。塙さんは俳優や声優として、土屋さんは歌手や司会者としても活動しており、多才な才能を発揮している。

現在、テレビ番組やラジオ番組に出演することが多く、その活躍は映画やドラマにも広がっている。また、ナイツはお笑い番組での勝ち抜きやコントでのグランプリ受賞など、多くの賞を獲得している。その他にも、ナイツは検索サイトやSNSで話題となることが多く、彼らの活躍に関する情報はインターネット上で多くの人々が検索している。

これからもナイツは、お笑い界を代表するコンビとして、幅広い分野で活躍していくであろう。

なぜ漫才協会に入ったのか?

ナイツが漫才協会に入会した理由は、所属事務所当時の社長に勧誘されたからです。ナイツのお二人は初めは漫才協会に入るつもりはなく、誘いを断っていました。しかし社長がどうしてもナイツを入れたかったらしく「入らないならクビにする」と言われたそうです。

そして無事?漫才協会に入会する事になりました。

今現在の役職
名誉会長青空球児
会長塙宣之(ナイツ)
副会長宮田陽、三浦昌朗(ロケット団)
専務理事青空好児
常務理事土屋伸之(ナイツ)、山口弘和(コント山口君と竹田君)
理事倉本剛(ロケット団)、宮田昇、福田薫(U字工事)、益子卓郎(U字工事)、ねづっち、かねきよ勝則(新宿カウボーイ)、三好博道(オキシジェン)、河田キイチ(BOOMER)
外部理事高田文夫
役員(2023年6月~) | 一般社団法人 漫才協会 (manzaikyokai.org)

創価大学出身のナイツ橘:学生時代のエピソードと進学の経緯

ナイツの塙宣之さんは、創価大学経済学部を卒業しており、学生時代のエピソードが数多く語られています。ここで相方とも出会っています。彼は大学で落語研究会に所属しており、先輩や後輩との交流を楽しんでいました。また、お笑い芸能人としての活動を続けながら学業も両立させ、努力家であることが伺えます。

進学の経緯は、高校時代にお笑いの道を志すようになり、大学で演劇やライブ活動にも携わることを考えて創価大学に進学しました。大学での経験や交流を通して、お笑いの技術や演劇の知識を学んでいます。そして、卒業後はお笑い界に本格的に進出し、現在のナイツとしての活動をスタートさせました。

土屋伸之と相方塙宣之:絶妙なコンビワークが魅力のお笑いコンビ「ナイツ」

お笑いコンビ「ナイツ」は、土屋伸之さんと相方塙宣之さんによる絶妙なコンビワークが魅力であり、多くの人々を魅了しています。土屋さんはツッコミ担当であり、独特の言い回しや表情で観客を引き込んでいきます。一方、塙さんはボケ担当であり、どんな状況でも冷静にボケをかますことができるため、観客は絶えず笑いを誘われます。

また、二人はそれぞれ異なるキャラクターを持っているため、様々なジャンルのネタをこなすことができ、幅広い層から支持を受けています。そして、お互いに高い信頼関係を築いていることから、そのコンビワークはさらに磨かれ、多くの賞を受賞しています。

まとめ

ナイツの笑いのスタイルは、漫才やコントを中心にしています。その中でも、特に漫才ではシャープなツッコミと独創的なボケが絶妙に絡み合い、観客を楽しませています。また、コントでは、時代背景や社会風刺を織り交ぜたネタが多く、視聴者の共感を呼び、話題性もあります。

さらに、ナイツはお笑いだけでなく、テレビ番組やドラマ出演、映画進出など、幅広い活動を展開しています。そんな彼らのこれからの活躍に乞うご期待です。また、ナイツの最新情報や出演情報については、公式サイトやSNSをチェックしてみてください。ChatGPTを使ったライティングサービス「AI Writer」

タイトルとURLをコピーしました